私の脱毛体験記

女性なら

女性ならきっと誰もが気にされるであろう、ムダ毛処理。 私も脱毛サロンを利用した経験があります。 しかし、それは約10年近く前に事に遡るため、当時は美容外科やサロンでの脱毛処理は高額であったため、自己処理をしておりました。

しかし

しかし、自己処理ではなくプロにきちんと処理をしてもらいたいという願望は日々の処理の度に思ったものです。 理由は単純です。 肌への負担もそうでしたがなによりも処理の面倒さでした。 例えば慌てて処理を忘れて出かけてしまったり、自己処理なゆえの肌荒れなどが理由です。

その後

その後、一念発起して脱毛貯金をし脱毛サロンへ行く事を決心しました。 しかし、正直なところどのサロンがいいのか、もしくは美容外科がいいのか、はたまた本当に痛みがないのか等悩みはつきません。 そこで悩む私に朗報が舞い込みました。 脱毛の無料体験チケットです。 早速手にしたチケットで脱毛サロンにて2種類の脱毛方法を経験しました。 ニードル脱毛と光脱毛です。 前者は名の通り、毛穴に針を刺して弱い電流を流し、毛乳頭を破壊する脱毛法です。 後者は別名フラッシュ脱毛とも呼ばれる光を当てて毛乳頭を破壊します。

そこで

そこで私はワキをニードル脱毛、他の身体の部分は光脱毛を選択しました。 何故2つの種類の脱毛法を選んだのかというと、まず当時はまだニードル脱毛が主流で光脱毛が新しく取り入れられた脱毛法だったからということが理由の1つです。 しかし、前述にあるように毛穴に針を刺して処理をする方法だったことから正直かなりの痛みを伴いました。 ただ1本1本処理をするので確実にムダ毛を処理できるというメリットがあります。 痛みを考えると新しい脱毛法に興味はありましたが、自分の目的と肌への負担などを最優先に考慮した結果、2種類の方法をとりました。 手足の毛の太さよりも格段に黒々しく太い脇の下のムダ毛を1本残らず確実に処理したかったのでニードル脱毛、そして他の部分は光脱毛を行いました。 確かに両脱毛は格段に違いましたが自分の当初の目的通り、ワキのムダ毛は綺麗に処理され、また他の部分も肌トラブルもなくいまでもツルツル肌を保て、満足しています。 当時の方法としてはいい選択だったと思っています。

今となっては

今となってはレーザ脱毛や光脱毛が10年前に比べて低価格で普及したのでここでニードル処理を選ぶ必要性は低いと思います。 痛みの違いはもちろん、通う回数や費用などもかなり違ってくるので敢えてニードル脱毛を選ぶ必要もないとは思うからです。 しかし、今でもニードル脱毛は永久脱毛の中で最も確実な方法と言われているということは頭のどこかに置いておかれてもいいかと思います。 昨今の脱毛事情はとても手軽な時代にあり、ワンコインで脱毛処理を体験できる脱毛サロンも登場しています。 しかし、何よりも大事な事は自分の目的や肌にあった脱毛処理、脱毛サロンを選ぶ事にあると思います。

更新履歴